車買取トラブルについて

車を処理したいときに、インターネットで一括査定をしてもらうとお得になるということは、最近徐々に知られるようになって来ました。

 

しかしまだまだ周知の事実というには程遠く、下取りに出してしまう方も多くいるのが実情です。

 

今回はそんな車買取のときに起こりうるトラブルについて説明していきます。

 

ほとんどの車買取業者は、しっかりとした仕事をしており、トラブルが頻出するようなことはありません。ですのであまり気構えずに気軽に車買取に挑んでいただきたいのですが、中にはまだ怪しい商売をしている業者もあり、車買取のトラブルに巻き込まれるケースもゼロではありません。

 

さて、巻き込まれないためには、どうすればいいのでしょうか。愛着のある車を手放すのですから、ここは気を使いたいところですよね。もちろんできるだけ高く買い取ってほしいですしね。

 

瑕疵(かし)担保責任を盾にして

 

車買取で起こりうるトラブルとして最も多いのが、難癖をつけられて査定時の値段から大幅に下げられるというものです。

 

例えば査定時に30万で買い取る、と契約を交わしたのに、車を引き渡してもお金が振り込まれず、業者が「事故を形跡が見つかった」、「詳しく点検したら新たな欠陥が発覚した」という理由で、買取価格を一気に下げてくる、という手口です。

 

特に、買い取ってもらおうとする車が中古車の場合に起こりやすいトラブルです。その時に瑕疵担保責任を縦にして、強引に値下げを要求してきます。

 

瑕疵担保責任とは、売り主が、売るモノに瑕疵(売る条件にそぐわない問題)があるのにそれを隠していた場合、その売買が成立しても、キャンセルや契約変更を行うことができ、その責任は売り主にある、というものです。車買取の例で言えば、「事故車なのに隠してましたよね」といった類のものです。

 

売り主が中古車で購入し、その車がもしかしたら購入以前に事故をしていた場合、このようなこともありえます。売り主に全く責任がない、とも言えないのですが、買取業者に問題があるのは言うまでもありません。

 

一度査定をしており、その時点では発覚していなかった問題なので、こういった場合は承諾せずに、国民生活センターや法テラスなど、法律の専門家の手を借りて事に当たりましょう。

 

そもそも悪意のある業者なので、売却を取り下げて別の業者に査定をお願いしなおすのも一つの手です。

 

大切なのは、決して自分一人で解決しようとは思わないことです。相手は車のプロです。言いくるめようと思えばいくらでも手段があるため、状況が良くなるケースは少ないのです。

 

瑕疵担保責任トラブルを防ぐために

 

このようなトラブルに巻き込まれないためには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

 

主に以下の3点に気をつけると良いでしょう。

・大手の車買取業者と交渉すること
・複数の業者に査定を依頼すること
・実際査定してもらう時は、音声をスマホのアプリなどで収録しておくこと

 

最初にも書きましたが、多くの車買取業者は、健全な取引をしてくれます。しかし愛車を手放すときにトラブルに巻き込まれるのは悲しいものです。安心しきらずにしっかり準備をしてから車の売却に挑みましょう。

 

下記から大手買取業者の一括査定が無料で簡単に行えます。